ワークフローで仕事の粗が見えてくる|無駄を省いて業績向上

効率よく管理

ネット

より効率的に勤怠管理がしたいと考えるなら、クラウドを利用した管理サービスの利用が最適です。大勢の従業員の勤怠データを一元管理できるため、勤怠状況のデータ化や改善策の模索にも役立ってくれます。

More Detail

計算を一任

電卓

経理担当者が退職してしまった場合、その穴を早く埋めないと様々なトラブルに発展してしまいます。そこで便利なのが、経理業務を大幅に請け負ってくれる給与計算代行サービスです。

More Detail

図式化して見直す

オフィス

仕事の手順を図式にすることは、作業の効率化に大きくつながります。図式化すれば各々が自分のやり方をその都度模索せず、一番最適なやり方を順守することが可能でしょう。仕事の流れを現した図式をワークフローといい、多くの企業が自社の仕事をワークフロー化しています。業務を図式として現すことには、気づかなかった仕事の無駄を洗い出す効果もあります。不必要な作業や二度手間な作業を再確認することができれば、業務自体のブラッシュアップにもつながります。仕事をワークフロー化することは、作業自体のマンネリ化を防ぐことも可能でしょう。ワークフローはペイントツールなどを使用して作成することも可能ですが、文字情報などの入力も必要なため最適なツールとは言えません。現在ではワークフローを作成するためのツールが販売されているので、こちらを利用するとよいでしょう。

ワークフローを作成する際に専用ツールを使用するメリットは、フローの作成や追加などの編集が容易に行える点にあります。項目の追加・削除だけで簡単にフローを変えることができますし、変更を加える際にはアカウントごとに権限を持たせることが可能です。部下が変更したフローを上司が確認し、承認か非承認かを判断することが可能でしょう。またワークフローを制作しておけば、新人指導など新しく業務内容を伝える際にも役立ちます。仕事の流れを見えるように図式化しておくことには、様々な利点があるのです。active directoryといった管理ツールも仕事をスムーズに進めるために便利なものです。情報の共有に手間がかかっていたことが、active directoryで効率化が図れています。

見積もりを高速化

計算する人

電気設備の工事の際には、正確な見積もりを出せるかどうかが重要となります。膨大な材料を計算して見積もりを算出するのなら、積算ソフトを使用することが効率化につながります。

More Detail